重複コンテンツの処理が一番忘れるんですね。

Siriusシリウスで設定するこれだけはやりたいSEO設定とは?
意外な落とし穴もあったりしますw
それほど難しいことじゃないけど大事なことです。
Siriusシリウスで設定するこれだけはやりたいSEO設定

 

Siriusシリウスで設定するこれだけはやりたいSEO設定

 

川上です。

 

SiriusシリウスはもともとSEOに強いサイト作成ソフトです。キホンそのままで行けます。
でも、サイトを立ち上げたとき忘れてはいけない設定があります。超重要です。

  • TOPページ、カテゴリーページのurl正規化canonical設定
  • サイト作成記事のメタ要素の設定

 

要するに重複コンテンツの回避をしてあげることです。

 

基本的なSEO対策で必要なシリウスの設定は
この2点が一番忘れがちで重要なことです。

 

こればっかりはSEO対応テンプレートといえどもサイトごとの設定になります。

 

次に大事なのは設定というか使い方です。
それがSEO対策で効いてきます。

  • アクセス解析のテキストJAVAにして呼び出す形にすること
  • スマホ表示対応にする
  • 記事の書き方、キーワード設定
  • レンタルサーバーと独自ドメインを使う

 

ワードプレスの初期設定より
設定項目は少ないのでSiriusシリウスはサイトの立ち上げが早いです。

 

それではサイトごとの個別設定についてみていきます。

 

カノニカル処理

Siriusシリウスで設定するこれだけはやりたいSEO設定
Siriusシリウスで設定するこれだけはやりたいSEO設定
本来はcanonical設定はいろんな指定ができます。
URLの指定ですと、そんな感じで覚えればいいと思います。

 

僕たちアフィリエイターはSEOの専門家ではありません。
必要なことだけ覚えればいいのです。

 

url正規化canonical設定として一つだけ我々が覚えることは
URLが一つであることを検索エンジンのロボットに指定することが大事です。
カノニカルの指定は1ページにつき1回です。

 

Siriusシリウスで設定するこれだけはやりたいSEO設定
URL実際にはいろんな形式で表示はできるんですけど
同じ内容のページが存在していることになるんです。

 

それを本当は1つのページと、
検索エンジンに正しいURLを指定することが大事なんです。

 

トップページは手動で絶対的なURLを指定してあげます。
一般的にはスラッシュで終わる形ですね。

 

実際に本サイトTOPページのurl正規化canonical設定です。
テンプレートのHTMLテンプレートを開いて
Siriusシリウスで設定するこれだけはやりたいSEO設定

 

赤い部分みたいにucanonicalタグでトップページのURLを指定します。
<link rel="canonical" href="http://あなたのさいとURL "/>
Siriusシリウスで設定するこれだけはやりたいSEO設定

 

カテゴリーのトップページの設定はこちらです。

 

シリウスでサイトを立ち上げたときに
設定するべきなのはトップページのurl正規化canonical設定です。

 

これの処理が一番大事です。

 


サイト記事の設定について メタ要素重複回避

Siriusシリウスで設定するこれだけはやりたいSEO設定
Siriusシリウスで設定するこれだけはやりたいSEO設定
これはWebマスターツールでHTMLのチェックをしていた時に発見したんです。
サイト説明文の重複です。

 

デフォルトだと自動生成されるサイトマップもトップページと同じ
<meta name="description" content="<% metaDescription %>" />
となっているんで重複としてリストに上がってしまいました。

 

訂正方法は単純でHTMLのひな形をシリウスで訂正するだけです。

 

HTNL編集を立ち上げます。
Siriusシリウスで設定するこれだけはやりたいSEO設定

 

サイトマップを選択して<% metaDescription %>の部分にテキストを入れるだけです。
下の図赤い部分が訂正したサイト説明文の部分です。
Siriusシリウスで設定するこれだけはやりたいSEO設定


アクセス解析

Siriusシリウスで設定するこれだけはやりたいSEO設定
Siriusシリウスで設定するこれだけはやりたいSEO設定
サイトをつくると最初に仕込むのがアクセス解析です。

 

シリウスだとサイト全体設計で登録ができます。
Siriusシリウスで設定するこれだけはやりたいSEO設定
Google解析ならこちらで大丈夫です。

 

アクセス解析のJAVAコードがページの一番下に記載されます。
だからSEO的にすっきりした構造になります。

 

実際サイト作成に慣れてくるとあんまり見なくなりますが、
慣れるまでの間とかは見たりしたほうがいいです。

 

サイトの集客でなやんだときに
アクセス解析はサイトの閲覧パターンが読んだりできるます。

 

サイト運営ができるようになる人はそんな感じでアクセス解析を利用しています。

 

僕は今はGoogleアクセス解析はほとんど使っていませんが
買い取りソフトも販売していますそちらを利用するのもいいと思います。

 

いずれにしてもアクセス解析を利用するとき
JAVAのコードはページのHEADに乗せてはいけません。

 

テキストJAVAにしてファイルを読みだす構造にするのもいいと思います。
こちらはGoogle推奨の方法です。

 

ひと手間ですがHTMLがすっきりするので
SEOの設定としてはよりいい感じになります。

 


シリウスだけで終わらない話もあります。

Siriusシリウスで設定するこれだけはやりたいSEO設定
Siriusシリウスで設定するこれだけはやりたいSEO設定
またシリウスでサイトを作成するときは

 

無料レンタルサーバーより有料レンタルサーバーを利用したほうが
SEO対策上いいです。

 

正直FC2やNinjyaなど無料の
レンタルサーバーを利用したことがありましたが

 

GoogleにサイトがIndexされても検索結果になかなか出てきません。
検索クエリにのりにくいです。

 

そこが無料サービスと有料サービスの決定的な違いです。

 

SEOに強いテンプレートを利用しても
検索エンジンの結果で出てこないことには

 

報酬が発生しません。

 

自転車で走るために車輪が2つ必要と同じように

 

SEOテンプレートとドメイン、レンタルサーバーは有機的に絡み合っています。
その関連性とSEOについては下記の2ページに詳しく記載しました。

 

レンタルサーバー アフィリエイト報酬を上げるための投資

 

メインサイトのこれだけはやっておきたいSEO対策3つのポイント

 


ページを作成するときの設定

Siriusシリウスで設定するこれだけはやりたいSEO設定
Siriusシリウスで設定するこれだけはやりたいSEO設定
シリウスでSEO対策するとき大事なことは

 

ターゲットのキーワードを決めてページを
作成するときタイトルとキーワードとH1をあわせます。

 

シリウスだと
「エントリー名、カテゴリー名」
「H1テキスト」
「METAキーワード」

 

タイトルを決めて下の図にある緑のボタンを押すとコピーができます。
Siriusシリウスで設定するこれだけはやりたいSEO設定

 

可能であれば赤色にマークした一番下に
ある「フォルダー名、ファイル名」もキーワードを含めます。

 

「カテゴリー説明」でページやサイトの説明文を記載したら

 

「META説明文」の項目にある
ボタンを押してコピーします。

 

上の図で青くマークした部分です。

 

最近の傾向としては文中の内容も検索結果に反映されます。

 

メインターゲットのキーワードはSEOチェキhttp://seocheki.net/site-check.phpで
キーワード出現率を3%以上になるようにチューニングしましょう。

 

上記の設定項目に加えて
文中の内容もターゲットのキーワードに

 

関連した内容を記述するようにします。

 


シリウスの記事も活用しよう

Siriusシリウスで設定するこれだけはやりたいSEO設定
Siriusシリウスで設定するこれだけはやりたいSEO設定
このページも見た目は1ページですが
6つの記事に分けて記載しています。

 

コチラもSEO上「記事」数が増えてくると有利になります。

 

ちょっとした商品紹介は3記事ぐらい。
ちょっと内容がある記事は5記事以上
気合を入れるときは10迄びっちり記載する。。

 

みたいな感じで作成するといいかもしれません。

 

シリウスの編集画面の右端にあり
「記事1」・・・・「記事10」というタブメニューです。
デフォルトはh3タグになっています。

 

文章の内容ごとに記事のタブをおして記載します。
見出しでページの大まかな流れがわかる感じにできると理想です。

 

見出しにはキーワードを入れないようにするのがポイントです。
キーワードはあくまで本文中でさりげなく出していくのがいいですよ。

 

下記の図は本ページの記事ごとのコンテンツをたてに並べてみました。

 

実際の編集画面は1記事ずつに編集するのですが
作った記事がページになるイメージとして作りました。
Siriusシリウスで設定するこれだけはやりたいSEO設定
画像をクリックすると拡大されます

 


シリウスでできる外部対策

Siriusシリウスで設定するこれだけはやりたいSEO設定
Siriusシリウスで設定するこれだけはやりたいSEO設定
PING送信機能は初心者のうちはやっておいたほうがいいと思います。
有効なPINGサーバーは少ないですがやらないよりはましです。

 

検索エンジンの登録が早くなったりします。

 

PING送信はページを更新したら毎回実施がいいと思います。
Siriusシリウスで設定するこれだけはやりたいSEO設定

 

そのほかの外部対策は3つあります。
シリウスで実施したほうがいいのはリンク集自動登録です。

 

リンク集の登録はサイトを作成したときに一回実施します。

 

数百件の候補が出ますが
実際にリンク集に登録ができるサイトは30%ぐらいです。
Siriusシリウスで設定するこれだけはやりたいSEO設定
具体的な使い方は次の章で紹介します。

 

ソーシャルブックマークは期間をおいてバラバラに登録します。
お勧めの設定方法は手動で実施することです。
「ソーシャルブックマークの付き合い方」に詳細を記載しました。

 

被リンクについてはアフィリエイト教材の内容に従いましょう。

 


リンク集機能(上位版)

Siriusシリウスで設定するこれだけはやりたいSEO設定
Siriusシリウスで設定するこれだけはやりたいSEO設定
シリウスの上位版にはリンク集自動登録の機能があります。

 

コチラはサイト内部の設定が終わったら一回実行しましょう。
メールアドレスとサイト紹介文の登録が最初に必要ですが

 

やっておいて損はありません。登録するだけです。

 

Siriusシリウスで設定するこれだけはやりたいSEO設定

 

最初に青い部分の取得をクリックして
ピンクの部分にある自動登録開始を押します。
200件程度のうち2割ぐらいが成功できます。

 

Siriusシリウスで設定するこれだけはやりたいSEO設定

 

特に初心者の方はサイトに集客がないと不安になると思うので
精神衛生上やってみることをお勧めします。

 

サイトの作り方と集客がわかってきたらしなくなると思います。

 

大事なのはリンク集の登録より
キーワード選定とキチンと見出しを入れながら
サイト訪問者に悩みの解決を提案することが最大のSEO対策だからです。

 


まとめ

Siriusシリウスで設定するこれだけはやりたいSEO設定
Siriusシリウスで設定するこれだけはやりたいSEO設定
SiriusシリウスのSEO設定事項は2点あります。

 

  • TOPページ、カテゴリーページについてurl正規化canonical設定
  • サイト作成記事ヘッダーにあるメタ要素の設定

 

重複コンテンツを防ぐことです。

 

アクセス解析はあなたの事情に合わせて設定します。

 

Siriusシリウスで設定するこれだけはやりたいSEO設定
基本的なSEOを押さえて
キーワードに対する悩みを解決する手助けをするように記事を書くことはとても大事です。

 

地味な作業ですがあなたの努力が検索エンジンの上位表示が可能になり、
アフィリエイト報酬を導くことができます。

 

がんばってサイト作成に励みアフィリエイトをで報酬を得ましょう。

 

 

以上、川上でした^^

 

Siriusシリウスで設定するこれだけはやりたいSEO設定 Siriusシリウスで設定するこれだけはやりたいSEO設定

ページの先頭へ