文章が書けないと稼げない

アフィリエイト 文章で報酬を得るためにやるべきこと
一つあげるとしたらキーワードのたいして答えを書くことです。
その切り口が問題であるんですが、
それが文章作成のキモになります。
アフィリエイト 文章

 

アフィリエイト 文章

  1. 文章が書けないと稼げない
  2. つかみどころがない学習方法
  3. アフィリエイトで売れる文章の本質とは
  4. 抽象的なところから実際の実践
  5. 感情に訴える
  6. 抽象的なことを実際の文章にするために
  7. お手本が大事です

アフィリエイト 文章

 

大きなレトリックとしては問題点をあぶりだして
解決策を提案する感じなんです。

 

商品陳列しているだけでは何も始まりません。

 

ジャパネットも悩み事をあぶりだして
解決する方法を出しているから

 

価値を提供されているから
みんな放送終了後に電話するんです。

 

アフィリエイとも同じです。

 

価値を提供できないと
商品の購入までの行動に移りません。

 

文章でアクションを起こすことが出来ないと
あなたの報酬は発生しません。

 

将来を考えてアフィリエイトするなら
腰を据えて文章作成について考えたり

 

上達する方法を模索することが大事になってきます。

つかみどころがない学習方法

アフィリエイト 文章作成を学ぼうとすると
結構難しい。

 

とにかく書くことは大事なんですが
方向性がないと続きません。

 

何もないとどのくらい走るのか知らされないで
マラソンするようなものです。

 

ではお金に換える文章とは
どんなものでしょうか。

 

特に人が感動する文章でもありません。
芸術的な文章でもありません。

 

答えは、

 

悩みを解決させる情報を提供することです。
ですから言いたいことを伝える文章です。

 

よく漢字を少なくして
中学生でも理解できる内容にしましょうと

 

そんな感じの内容をよく見かけますが
まさに誰でも理解できる内容の文章を書くことです。

 

で誰でもわかる文章はわかったけど

 

それだけで商品が売れたり
登録や契約を促したりできないでしょ。

 

確かにそのとうり

 

次に出てくるのは話の筋道です。

 

 


アフィリエイトで売れる文章の本質とは

アフィリエイト 文章で売れるために
何をしたらいいのか

 

もちろん書くということをしないといけないんですが

 

方向性がちゃんとしていないといけません。
話の筋道が大事になってきます。

 

人って疑問に感じたり、困るから
検索エンジンで調べ物をします。

 

その時何を期待するかというと
悩み事や疑問点を解決することだと思います。

 

それがアフィリエイトで売れる本質的です。

 

解決させるヒントなど与えたら
次の購入とか登録を促すことができます。

 

納得して貰わないと次の行動に進みません。

 

よく入り口と出口を設定して導線を、、
となりますが導線の部分が文章ですね。

 

稼げるようになってもアフィリエイトで稼ごうとするなら
文章は切っても切れないものです。

 

ですから苦手と感じても
本気で文章の書き方を学んだほうがいいのです。


抽象的なところから実際の実践

アフィリエイト 文章作成で
最初のうち戸惑うのは

 

抽象的なことをどう実践していくのか

 

これって文章作成の教科書読んでから実際に
書くときしばらくは慣れないと思います。

 

つまづくのは理論の実践だったり
調査不足で書くことの情報不足だったりします。

 

例えば人の書いた文章を一文字ずつ
写経するように打ち込んだり

 

他人のランディングページを
リライトしてみるのもいんですが、

 

練習としてはいいのですが
実際ののページで使うとなると

 

文脈から考えると
あなたのサイトに使えません。

 

あtなたが用意していもいない特典のこと書いても
意味ないじゃないですか。

 

写経しようとするのって
時間もかかるし意図しない文をウツシテも

 

なんの足しになりません。

 

では、どうやって記事を書くかというと
論理のパターンを覚えて

 

記事を書くようにすることなんです。

 

どんな流れで記事を書くか方向性を持っているだけでも
記事を書くスピードは速くなります。

 

次は何を書くか
目的が明確だと作業もはかどります。

 

 

 


感情に訴える

アフィリエイト 文章で行動させる
大きな要素としては

 

感情に訴えることです。

 

例えばアフィリエイトを苦しくても稼げるようにしないといけない
それができないと将来昇進もできずに

 

お金に困った未来が待っている。

 

みたいな感じで

 

恐怖だったり、みんながやっているからとか
時間がないといった形で

 

感情を揺さぶらないといけません。

 

人は理論で理解し感情で行動する。
といわれますが

 

ネットビジネスでも同じです。

 

サイトを見る人は何らかの悩みを抱えて
情報をさがしているんです。


抽象的なことを実際の文章にするために

アフィリエイト 文章で報酬を得ていくには
適切な文章を提供できるようにならないといけません。

 

実際の文章であてはめるとなると
やはり実践が必要です。

 

また書くことも毎回違うんで
理論を覚えて実践する必要があります。

 

きほんほうしんがあるのとないのでは作業効率も変わってきますし

 

どんな感じかくといいといったことがわかっていないと
1000文字の記事を書くのも苦痛だったりします。

 

そういった意味では教科書を購入して
書いてあることを実践することが大事です。

 

タイトルとか最初の書き出しなんかは
キーワードの他に気を引く言葉を

 

書くのに紹介しているサイトとか
売れるキーワードの時点といった本がありますが

 

そういったものを活用できるのは

 

ちゃんと書き方を理解している人です。

 

アフィリエイト 文章きっても切れない関係ですが
理論を覚えて実践したほうが効率的です。

 


お手本が大事です

アフィリエイト 文章で稼ぐためには
話の筋道をパターン化することが大事だとお話ししました。

 

ではその文章のパターン化
どうやって学ぶといいのでしょうか。

 

アフィリエイト教材でもそのヒントとなることは書いてあります。
もっと具体的なパターンを学ぶとしたら

 

WEBライティングの教科書を読んで
実践することがいいと思います。

 

あなたが小説家になるのではなくて
キーワードの悩みに対して解決するヒントを提供することなんです。

 

決して美しい文章を書く必要はありません。

 

ただ、気をつけることは

 

キーワードの疑問に対して答えを書くことです。
で、気になるのが、そのためには何をする?

 

そういったことだと思います。

 

潜在的な悩みを見出したり、
需要を調べて問題点解決するヒントを提供したり

 

何もしないとどうなるか

 

そういったパターンを覚えて

 

実際の文章にあてはめるようにすることです。

 

そのためのパターンを学ぶとしたら
コピーラィティングの教科書で情報を得ることが大事なんです。

 

でも、文章書くの覚えるのにお金を払いたくない。。
そういったときは

 

無料の教材を利用してみるのもいいと思います。

 

そこでお勧めなのが
宇崎圭吾氏の無料レポート

 

ミリオンライティングの無料版なんですが

 

まだ、文章作成にそこまでかけたくない、、
といった感じだったた試しに呼んでみるのもいいと思います。

 

いくら無料でも限られた人しか見ないプレミアムなノウハウで
アフィリエイトライバルと差をつけることが出来ます。

 

 


ページの先頭へ