忘れがちなこととしてはシリウスのカテゴリのマークコレが曲者

SEOと関係ないですが忘れがちなことです
シリウスのカテゴリーに記事をいい加減に書いていました。果たしてそれはどうでしょうか?
SEOと関係ないですが忘れがちなことです。

 

SEOと関係ないですが忘れがちなことです。

 

川上です。
賢威もそうですがシリウスもカテゴリーのページは文字コンテンツを載せられます。

 

内部リンクの多いカテゴリーページは
比較的検索エンジンの上位表示に食い込みやすいんです。

 

順位を安定させるにはキーワード設定して
ページの文字コンテンツを充実させるといいです。

 

初心者の方はカテゴリーページを
こんな感じで終わらせることが多いと思います。

 

SEOと関係ないですが忘れがちなことです。
タイトルの次にいきなりカテゴリーのページ一覧が来る構成です。

 

これはちょっともったいない使い方です。

 

もしこんな感じでシンプルに使っていても、
後で文字コンテンツを充実させてあげればOKです。

 

時間はかかりますがちゃんと検索エンジンも
評価して検索結果に反映させてくれます。

 

とりあえず大事なのは、カテゴリーページも気合入れて作ることです。

 

シリウス使っている人が間違いやすい原因

SEOと関係ないですが忘れがちなことです
SEOと関係ないですが忘れがちなことです。
シリウスのカテゴリがフォルダーの形になっています。
下の図でまるで囲ってある部分です。
SEOと関係ないですが忘れがちなことです。

 

初心者の方はパソコンのフォルダーと同じイメージで認識して
カテゴリのページをきちんと書かない方もいらっしゃいます。

 

パソコンと同じようにファイルを整理するだけ、、なんていう感覚です。
だから何も記事書かないでカテゴリー一覧がいきなりくる形で終了しちゃうんです。

 

実際のインターネットやGOOGLEのロボットは
インターネット上ではサイトの中の1ページとして認識します。
SEOと関係ないですが忘れがちなことです。

 

カテゴリー一覧だけだと当然中身がないので
順位が上に来ても不安定になります。

 

実は私結構な時期までカテゴリーページの大事さに気が付かないで
カテゴリーページは整理する、見易さを演出するだけで簡素に作成してました。

 


もう一つ大事なのはコピーコンテンツ対策

SEOと関係ないですが忘れがちなことです
SEOと関係ないですが忘れがちなことです。
シリウスのカテゴリーページもサイトの1ページとして認識し
記事を通常のページと同じように大事に作ることによって
検索エンジン対策にもなります。

 

わかりずらいんんでないがしろにしがちですがちゃんと対策しましょう。

 

最近コンテンツ内容の充実がSEOに関係します。
カテゴリーのページの充実はサイト全体の品質をあげることにつながります。

 

SEOと関係ないですが忘れがちなことです。
シリウスでサイト作成をするときはカテゴリーのページも大切に作りこみましょう。

 

それがちょっと遠回りになるかもしれませんが
集客やサイト訪問者のみやすさ、サイトの閲覧時間にも影響してきます。

 

そしてもう一つ忘れてはならないのはカテゴリーページの
またURLも正規化が必要です。
スラッシュで終わるURLは必ずcanonical設定をしないとコピーコンテンツに引っかかります。
こちらも大事なことなんで合わせて対策が必要です。

 

canonical設定 忘れがち 重複コンテンツをご参照ください。

 

以上、川上でした^^

 

SEOと関係ないですが忘れがちなことです。 SEOと関係ないですが忘れがちなことです。

 


ページの先頭へ