サイトごとの個別設定が必要です

シリウスのindex.html表示処理 トップページurl正規化
リダイレクトによる最適化は特に必要ありません。
ただし、url正規化でcanonical設定は必要です。
シリウスのindex.html表示処理 トップページurl正規化

 

シリウスのindex.html表示処理 トップページurl正規化

 

川上です。
トップページのURL最適化はリダイレクト処理するのですが
いろんなパターンのURL存在します。

 

解決策としてはHEADの部分に絶対的なURLを一つ指定するのが一番いいです。

 

複数のURLでもたどり着くのは1ページと人間はわかっても
検索エンジンのロボットはわからないのでサイト作成者が指定する必要があります。

 

wwwの有り無しが一番有名です。次に出てくるのがURLの最後の部分。
シリウスのindex.html表示処理 トップページurl正規化

 

合計すると1ページで6つのパターンが存在します。
日本語URLになるとその倍、12パターンになります。

 

これ技術には301リダイレクトをかけるんですが
いちいち最大12パターンも設定するのがめんどくさいです。

 

そこでトップページの絶対的なURLを指定する作業が出てきます。
url正規化canonical設定です。

シリウスの設定

シリウスのindex.html表示処理 トップページurl正規化
シリウスのindex.html表示処理 トップページurl正規化
トップページのurl正規化canonical設定ですがドメインによって違ってきます。

 

そこで個別設定でやるんですが
トップページだけはシリウスから簡単に設定ができないんです。

 

文句言っても始まらないので始めたいと思います。

 

シリウスの一番上にあるテンプレートと書いたボタンをクリックして
HTMLテンプレートを開きます。
シリウスのindex.html表示処理 トップページurl正規化

 

HTMLのHEADの部分で任意のところにカノニカルタグを挿入します。
下の図だと赤い部分です。

 

<link rel="canonical" href="http://changeplace.info/ "/>
http://changeplace.info/ あなたのサイトのURLに指定します。

 

シリウスのindex.html表示処理 トップページurl正規化

 

後は保存して終了です。

 

後シリウスのサイトオプションででwwwの有り無しが指定できますが、
ページのヘッダーでurl正規化canonical設定していれば特に気にしなくてもいいです。
シリウスのindex.html表示処理 トップページurl正規化

 

個人的にはURLがすっきりしているほうが気持ちいいので無しで統一しています。

 


カノニカル設定は環境に依存しません

シリウスのindex.html表示処理 トップページurl正規化
シリウスのindex.html表示処理 トップページurl正規化
HTMLでサイトのトップページにurl正規化canonical設定化は
サイトが複数あると認識されないために必ず実施しましょう。

 

url正規化canonical設定はページのHTML部部の一番上HEADにタグをついするだけです。

 

リダイレクト処理と違って環境に依存しません。

 

無料サーバーのFC2、NInjya yahooジオシティーズなど無料の
レンタルサーバーでも対応できます。

 

ちょっとした設定ですがこれをするかしないかで
長い間あなたが稼ぐということを考えたときに大事になってきます。

 

シリウスは完成度が高いので重複コンテンツ回避の設定だけです。

 

千里の道のりも一歩から。
頑張りましょう。

 

以上、川上でした^^

 

シリウスのindex.html表示処理 トップページurl正規化 シリウスのindex.html表示処理 トップページurl正規化

 


ページの先頭へ