初めてのサイト引越しリダイレクト処理

無料サービスから サイトの引越しはできないことがほとんどです。
ムリに引っ越しを考えるより新たなサイトを作ってそちらを大事にしたほうがいいと思います。
また古いサイトと新しいサイトは連携して運営するほうがいいかもしれません。
横道にそれましたが初めてのサイトの引越しについて紹介します。
無料サービスから サイトの引越し

 

無料サービスから サイトの引越し

 

川上です。

 

サイトは賢い引越しで売り上げを伸ばしましょう。
引っ越しできないときはすっぱりあきらめましょう。

 

個人的にはそのままいしてメインとなるサイトと連携して運営するほうがいいと思います。

 

サイトの引っ越しを考えるとき3つのケースがあります。

  1. 戦略的に売り上げを伸ばすために独自ドメインをとる
  2. ブログが削除されてしまった
  3. Googleのペナルティのためかアクセスがこない。

 

サイト引越しに絡んで3つの項目について説明します。

 

サイトの引越しはリスクが伴うことなので
最悪の事態を想定しつつ行動することが大事です。

 

売れている無料ブログはそのまま育てて

 

関連する内容で違う切り口でサイトを作り
育てたほうがいいと思います。

 

集客力のあるサテライトサイトは強力な被リンクになります。

 

新しいサイトが育ってきたらリンクをはったほうがいいんじゃないかと思います。

 

無料ブログだといつサイトがなくなるかわからないので
リスクヘッジとSEOを強くする意味で

 

独自ドメインとレンタルサーバーを借りて
メインサイトを運営するするほうがいいと思います。

 

下手にもがくより切り替えて新しい行動することが求められるケース

無料サービスから サイトの引越し
無料サービスから サイトの引越し
2のブログが削除されたとき
手元にバックアップのコンテンツがない場合

 

下記のURLに古いキャッシュが残っていれば
文字コンテンツだけでも引っ張れます。

 

URLのキャッシュを検索でキルサイト 

 

ブログが削除されて同じ内容で別の場所にサイトを作り直しても
SEOを考慮した転送設定ができません。

 

手元にデータがあるから新しいところに同じ構成で作成すると
コピーコンテンツとしてみられます。

 

大変残念ですがあきらめて作り直すほうがいいかもしれません。

 

ドメインはいろいろ事故がある可能性はありますが
文字コンテンツは次に使うおおもとになります。

 

キホンそのままで使えないのでリライトしたりしますが
おおもとの素材gはあるかどうかで

 

製作のスピードも変わってきます。

 

次に

 

サイトのペナルティーからの再建は結構難しいときがあります。
3のペナルティーのときです。

 

コチラはインデックス削除して
新しい場所にドメインを変えて作っても
ペナルティーが引き継がれる可能性があります。

 

この場合は復旧作業をしつつ
新しいサイトを立ち上げることが大事です。

 

 

こちらも文字コンテンツがあれば
リライトと編集を加えて新しいサイトに利用します。

 

 

 


戦略的に引越しするか新しいサイトを作るか検討する。

無料サービスから サイトの引越し
無料サービスから サイトの引越し
積極的にしたほうがいい場合は
1の売り上げを伸ばすための戦略的な引越しです。
FC2ホームページのコンテンツを独自ドメインにするときがこのケースです。

 

FC2側に301リダイレクト設定をして
新しいサイトを運営するのです。

 

これはSEOの効果を引き継ぐことができるのであれば
無料サービスから独自ドメインに引っ越すべきです。

 

残念ながらYAHOOとNinjyaのホームページは301転送ができません。

 

SEOの引継ぎができない状態だったら
サテライトサイトとして割り切ってメインサイトを独自ドメインで作って
新しいサイトを援護する設定無料ホームページに設定するのがいいと思います。

 

大多数の場合コチラのケースになります。

 

下手にcanonical設定やMeta refreshを模索するより
時間の節約になります。

 

SEOの検索順位が引き継げる
前提条件としてホームページが存在し、
操作できることが前提です。

 

間違ったことをしなければ基本的には
いい状態を引き継ぐことができます。

 


サイトの引っ越しはケースバイケースになります

無料サービスから サイトの引越し
無料サービスから サイトの引越し
100%確実なことはサイト引越しにはありません。
85%程度の検索順位が引き継がれるらしいです。

 

301リダイレクトなどGoogleの推奨する方法はありますが
リスクはついて回ります。

 

301リダイレクトが使えない場合はcanonicalと meta refreshを使って
サイトの引越しの手続きをすることができます。
その場合は検索結果の反映は少ないです。

 

転送の設定も手作業で古いサイトの全ての個別ページに
それぞれHTMLに新しいサイトのURLを設定する必要があります。

 

大多数の無料ブログは個別ページのHTML編集ができないことが多いです。

 

無料サービスから サイトの引越し

 

副業でアフィリエイトされている方が売り上げ向上で
戦略的に独自ドメインにするなら
まったく違う切り口でシンサイトを作るのが一番いいかもしれません。

 

売れている無料ブログやホームページから被リンク効果をもらうほうが
有効ですし時間の短縮になります。

 

同じジャンルで切り口を変えてサイトを作り直すことをすすめます。


SEOの効果を引き継いだサイト引越しの前提。

無料サービスから サイトの引越
無料サービスから サイトの引越し

 

SEOの効果をちょっとでも引き継ぎたいとき
サイト引越し後無料ブログをそのまま残せる事と
個別ページのHTML設定ができることです。

 

元の無料ブログを残したままが前提になります。

 

301リダイレクトやCanonicalを使うときはドメインの「/」以下が一致するように
新しいサイトのデータを作ります。

 

無料サービスから サイトの引越し 

 

サイトをリニューアルするからといって複数のサイトから
新しいサイトにデータを転送するとスパムと認識されます。

 

必ず古いページと新しいページは1つずつになるようにします。

 


301リダイレクトが使えるとき

無料サービスから サイトの引越し
無料サービスから サイトの引越し
SEOを意識したサイト引越し

 

サイトデータの作成と転送の次に出てくるのは
検索順位の引継ぎがあるかと思います。

 

検索順位がそれほど上でなかったり検査クエリが少ないときは
内容を劇的に変えて新サイトを立ち上げるほうが速いです。

 

ある程度検索エンジンの表示がある場合はリダイレクト処理が必要です。
リダイレクト処置し、古いサイトから新しいサイトに転送されるのを確認してから
WEBマスターツールに新サイトを登録します。

 

301リダイレクトが使えるのは
FC2ホームページからの引越しはOKです。
Ninjya Yahooジオシティーは 対応していません。

 

またケースとして少ないかもしれませんがドメインを維持して
古いサイトのから新しいサイトに転送をする設定にするかです。

 

一般的なアフィリエイターは
1つのサイトにドメイン2つ分の維持をすることはほとんどないと思います。

 

301リダイレクトはには .htaccessが使える無料のレンタルサーバーで
アカウントとサイト情報を残せる状態が前提です。

 

コマンドは古いサイトの「.htaccess」のファイル設定に下記のコマンド入れるだけです。
Redirect 301 / http://貴方のサイトのトップページURL/

 

シリウスだとサイトオプションのボタンを押すと「.htaccess」の設定ができます。

 

301リダイレクトはサイトの恒常的に

 

古いサイトに新サイトの転送情報を設定し
新しい引越し先のサイトに転送することです。

 

設定した転送設定をずっと続けることです。

 

ドメインが失効した、無料ブログが消えたときは使えません。

 


アフィリエイトで事故があったらすぐに頭を切り替えるのが生き残るコツ

無料サービスから サイトの引越し
無料サービスから サイトの引越し
無料ブログが削除された場合は新しくサイトを作るしかありません。
理由は古いサイトに
新しいサイトに引越ししたことを示す設定ができないからです。

 

またてっもとに文字コンテンツがあるからといって
安易に新しいサイトにそのまま使うことはできません。

 

検索サイトのエンジンにIndexがある場合は新しいサイトがコピーとみなされて
ペナルティーを受けます。

 

そのような場合はあたまと心を切り替えて
新サイトを作成するしかありません。

 

イマまで貴方が蓄積したノウハウがあれば
失ったサイトが稼動したときより早く報酬を発生させることができます。

 

アフィリエイトの報酬が出始めると新たらしいサイトの稼動までの時間が
だんだん短くなるのと一緒です。

 

アフィリエイトの活動はリスク管理も大事ですが

 

失敗したらすぐ心を切り替えて次の行動yをすることも大事だと思います。

 


ブログがペナルティーを受けてしまった

無料サービスから サイトの引越し
無料サービスから サイトの引越し
ブログ、サイトのペナルティーは頭の痛い問題です。

 

一般的にはWEBマスターツールの支持に従いコンテンツやリンクを訂正して
手動で直したことを申請した上で
ペナルティー解除になるかどうかの判定が下されます。

 

ページ数が多いとか購入したSEOリンクの数が多いなどの場合は深刻です。

 

 

もし稼げるサイトだったら、道は2つに1つです。

  • 切り口を変えた新しいサイトを作りつつ

    ペナルティーの解除してもらう作業をする。

  • スパッとあきらめて切り口を変えた新サイトの作成に専念する。

 

絶対にやってはいけないことはペナルティーを受けたサイトの復旧に専念することです。

 

特にサイトが大きいと作業量も多いです。
あなたの作業がむくわれるとは限りません。

 

ペナルティーの解除に答えがないというのが正解です。
作業の時間が無駄になるリスクもあるということです。

 

多くの方がWEBマスターツールの支持にしたがい復旧に成功していますが
絶対ではありません。

 

特に稼ぎがあるサイトはすごく惜しいのは痛いほどわかります。

 

ペナルティーを受けたサイトの復旧作業を決心したときは
必ず同時進行で新サイトの作成も保険で作成しましょう。

 

アフィリエイトは常に最悪の時の保険を用意して行動することが大事です。


無理に引っ越しするより

無料サービスから サイトの引越し
無料サービスから サイトの引越し
引っ越ししたいと考えるサイトは
結構育ってきているサイトが多いと思います。

 

引っ越しの手間を考えるより
情報発信のメインサイトを別のドメイン、レンタルサーバーで
新しく作成するのもいいと思います。

 

その時内容がおんなじだとペナルティーをくらうので
切り口を変えて記事を紹介します。

 

その場合でしたら、サイトがペナルティを受けずに
サテライトサイトとして再利用できます。

 

サイトの引っ越ししたいという思いは大事です。

 

通常ならそのサイトをさらに伸ばして
大きくしたいと思うのが人情ですが

 

さらに売り上げを大きくするなら
考え方をちょっとずらして新しいサイトを作りともに伸ばすこだと思います。


まとめ

無料サービスから サイトの引越し
無料サービスから サイトの引越し
無料サービスをメインで使うのは収益を考えたらマイナスが多いです。

 

リンクを送るなどサテライト目的や集客目的にして

 

切り口の違うメインサイトを別途作るのがいいと思います。

 

サテライトを独自ドメインで使うのはいいですけど
ドメインの維持費を考えたら無料ブログのコスパがいいです。

 

ちょっと集客がいいサイトは引っ越しを考えるより
同じジャンルで情報発信のサイトを作ったほうが

 

引っ越しを考えるより手間がかからないかもしれません。
むしろアクセスをながすようにサイトを作り替えることです。

 

FC2など一部の無料レンタルサービスは
301リダイレクトかけられますが厳しいことがおおいです。

 

無料サービスからの引っ越しは
あなたのサイトをワンランクアップするきっかけとして
リンクをはってアクセスを流すのが一番いいと思います。

 

以上、川上でした^^

 

無料サービスから サイトの引越し 無料サービスから サイトの引越し

ページの先頭へ