写真はいろんな要素が絡んで出来上がります。

カメラがよければいいわけではないのです。
ブロガーが写真を撮ろうとするとき、
カメラと光どちらに予算を割いたらいいのでしょうか?
一般的にはカメラをイメージしますが、、
カメラがよければいいわけではないのです。

カメラがよければいいわけではないのです。

川上です。

 

カメラに予算をかけると画質としては非常にいいものが取れますが
使いこなせないといけません。

 

光のコントロールができて
初めてカメラの性能を最大限に引っ張ることができます。

 

ズバリ、アフィリエイターやブロガーが写真を撮って掲載するとき
カメラよりライトと撮影の仕方を覚えることに予算を使うべきです。
カメラがよければいいわけではないのです。
たとえば6万円をかけて
一眼レフのエントリーモデルを購入するなら

 

コンパクトデジタルカメラと

 

撮影セットとプロの撮影ノウハウ本を購入したほうが
見栄えのいい写真ができます。

 

カメラはシャッターを押せばすぐに撮影はできますが
印象に残る見栄えのいい写真はノウハウが決め手です。

 

コンセプトと光のコントロールです。

 

写真のコンセプト

カメラがよければいいわけではないのです。
カメラがよければいいわけではないのです。
プロカメラマンとアマチュアの違いって知っていますか?

 

一番違うのは写真の主題があるかなんです。
アマチュアの人でもそこを表現しようとして考えている人は多いと思いますが

 

そこがすんなり表現できるかどうかです。

 

今、このページを見ているあなたはプロカメラマンではありません。

 

目的はネットに掲載するのに
見栄えのいい写真を取りたいからだと思います。

 

カメラがよければいいわけではないのです。
写真のコンセプトになると本一冊分で
かなり難しい本しかありません。

 

あなたが考えることは写真のメッセージの考え方です。
本読んで理論を学ぶ必要はありません。

 

プロカメラマンでない人がネット用に写真を撮影するとき
ひとつだけ気にかけるべきことは

 

サイト訪問者に何を伝えるかです。

 

それを明らかにして写真を撮ることが販促につながります。

 


写真のメッセージ 考え方

カメラがよければいいわけではないのです。
カメラがよければいいわけではないのです。
写真の伝える内容を考えるときいろんな考えかたがあります。
プロになる必要のないあなたはシンプルに考えるのがいいと思います。

 

ひとつの単語のキーワードと写真で
サイト訪問者になにを伝えたいかです。

 

言い換えると
サイト訪問者にあなたが何を写真で伝えたいかです。

 

考えやすい方法としては単語でメッセージを考えることです。
食べ物だったら「おいしそう」、「甘そう」みたいな感じです。
カメラがよければいいわけではないのです。
なぜ単語のキーワードをメッセージにするかというと
動画と違って写真は動かないからです。

 

物理的に一度に一つのメッセージしか発信できないのです。

 

一撃必殺じゃないけど、コンセプトがしっかりした写真を撮ると
下手な動画よりよっぽど効果的だと思います。

 

プロじゃないんでそれができないと
仕事がなくなるわけではないんで気軽でいいと思います。

 

でも一つだけいえることは
メッセージを伝えようと写真を撮影する姿勢がある
仕上がりが良くなってきます。

 


技術的なこと 光のコントロール

カメラがよければいいわけではないのです。
カメラがよければいいわけではないのです。
おおもとの写真をしっかりとったほうがいいのは
画像編集で写真を編集するとだんだん写真がぼやけたようになります。
これがレタッチすると写真が劣化する現象です。

 

それを防ぐには写真を高品位に撮影してできるだけ
編集しなくていいようにすることです。

 

あとカメラに内蔵されているストロボだけでは
見栄えのいい写真は撮れません。

 

光をコントロールすることです。

 

もちろん家庭用の照明は光の3原色だけで構成されているので
太陽の光みたいに紫や黄色などの要素を加えた照明は高額です。

 

実際ちょっと本格的な設備は工夫で何とかなります。
それよりも注力するべきことは
写真の照明や撮影する方法を学ぶことです。

 

カメラがよければいいわけではないのです。
かんたんフォトLife これからはじめる商品撮影の教科書
あなたも「プロ級写真」が今すぐ撮れる! 長谷川 修 (著)

 

 

カメラがよければいいわけではないのです。
ネット通販 売れる商品写真 トラの巻 (玄光社MOOK) ムック
アマゾン通販 2052円送料別久門 易 (著)

 


まとめ

カメラがよければいいわけではないのです。
カメラがよければいいわけではないのです。
写真は
カメラ、光、撮影するノウハウ、
これらが絡んでよい写真ができます。

 

ボタンを押せばシャッターは切れて写真が撮影できますが
かっこよく見せたい
売れそうな写真を造りたい。。

 

みたいな意思を持ち始めると
光をコントロールするノウハウが必要になってきます。

 

例えば
10万円の予算で写真撮影関連に使えるとしたら

 

2万円をカメラに使って
残りをライティングに費用をかけたほうが仕上がりはいいです。

 

また撮影する写真のコンセプトを決めて撮影すると
いい写真ができやすいです。
カメラがよければいいわけではないのです。
パソコンで修正ができるのでいいんじゃない??
という方は多いかもしれませんが

 

パソコンの修正は手軽ですが
基本的には編集するればするほどほど画像が痛みます。

 

撮影するときにきちんとしておいたほうが
後々難しいことを考える必要はありません。

 

頑張って自宅できれいな写真を撮影しましょう。

 

以上、川上でした^^

 

カメラがよければいいわけではないのです。 カメラがよければいいわけではないのです。 >

ページの先頭へ