ある程度サイトがそだって集客が有るのに成約が少ない

サイト訪問者が高確率で購入する悪魔的な心理学
コピーライティングを学ぶこと重なる部分が多く切り分けは難しいですが
売り上げを伸ばすには必要なことです。
サイト 購入 心理学

 

サイト 購入 心理学目次

  1. ある程度サイトがそだって集客が有るのに成約が少ない
  2. 商品を購入する流れを考えて見ましょう。
  3. 営業マンとサイトの商品紹介の違い
  4. 最近私が購入した商品の経緯
  5. 実際にサイトに記事を書くときに見落としがちなこと
  6. でもそれって本当にできるのでしょうか?
  7. 最短距離で稼ぐ仕組みを学ぶには

サイト 購入 心理学以下本文

 

川上です。

 

成約を伸ばしたいと考えるとき
そんなものがないか考えることは誰でも有ると思います。
サイト 購入 心理学という切り口で考えると

 

答えが近くなります。

 

要は購入するときの心理を考えて文章を書くことです。
人は感情で論理を説かれると購入に動きやすいです。

 

論理をいうにしても感情を揺さぶることが大事なんです。

 

 

多くの方はあまり深く考えないでスルーすることが多いですが
ありそうでなさそうな世界ですが現実には有るともいます。

 

ただ
当たり前すぎて意識しないことが多い
というのが正確なところだと思います。

 

シンプルですが訪問者が困っていることをあぶりだして
解決する方法を提案することです。

 

問題点は当たり前すぎてないがしろにしてしまうことだと思います。

 

商品を購入する流れを考えて見ましょう。

サイト 購入 心理学一番最初に考えることとは?
サイト 購入 心理学
結構古典的な営業方法ですができる営業マンはお客さんからヒアリングをして
問題解決の提案をします。

  • お客さんの困っていることを聞き出す
  • 困っていることの解決策を教える

アフィリエイトも原理的にはおんなじです。

 

  • 見込み客の困っていそうなことを調査する
  • 解決するための商品を紹介する
  •  

    これがいわゆる砂漠で水を売ることです。

     

    その時に感情を揺さぶることで成約率があります。
    たとえば問題を放っていると

     

    こんな 怖いことが怒ります。

     

    無料のテンプレートを何も知らないで使っていると
    一向に検索結果が上位に行かない

     

    一日2時間サイト作成に費やして効果が出ないと
    年間で700時間も無駄に時間を費やしてしまう。

     

    これを解決するには??
    SEOに強いテンプレートを利用することで

     

    解決してしまいます。

     

    心理的に問題のあぶり出しと解決方法を書くのが
    成約までの近道なんですが

     

    筋道が通っているので違和感を感じません。

     

    サイト 購入 心理学を考えて記事を書くということは
    当たり前すぎる中に購入する仕掛けを作ることです。


    営業マンとサイトの商品紹介の違い

    サイト 購入 心理学について
    リアルとネットの違いについてみてみます。
    サイト 購入 心理学
    先ほど

     

    できる営業マンもアフィリエイーターも基本的なことが同じといいました。

     

    では、大きくアフィリエイターと営業マンが違う事というと
    双方向のコミュニケーションか情報発信かということです。

     

    できる営業マンはヒアリングで得た情報を元に
    お客さんの質問に最適な答えを提案していきます。

     

    アフィリエイトサイトだと質問を自作自演することです。

     

    「自作自演」の言葉は
    Googleからペナルティーを喰らうかもしれませんので、

     

    「じゃぱネット」の商品紹介が適切な例かも知れません。

     

    日常で困っている場面を見せて解決方法を示してあげる。
    ところどころで視聴者が疑問に思ってきたタイミングで

     

    質問と解答が放映されてますます商品にのめりこみ、
    放送が終わったら一斉に注文の電話をする。。

     

    それをサイトで演出する必要があります。

     

    コピーライティングの教材を見ると
    ストーリーテラーになりましょう!

     

    というのは
    まさに問題点をあぶり解決しないでいると

     

    怖い未来が待っている
    それを回避して解決するには??

     

    みたいに
    サイトで問題提議と解決方法をしめしてあげることなんです。

     

     


    最近私が購入した商品の経緯

    サイト 購入 心理学いろいろ考えられます。
    個人的には迷走したりしていまして、、
    サイト 購入 心理学個人例
    引っかかった最近の買い物の個人的な実例を紹介します。

     

    私、実はアダルトサイトも運営しています。

     

    アダルトサイトのドメインは制限ないですが
    レンタルサーバーやブログサービスには制限があります。

     

    レンタルサーバーに関しては対応している会社が少なく
    格安サービスとなると海外がほとんどです。海外に頼るしかないのが実情です。

     

    で、サテライトサイトを増やそうとすると

     

    アダルトとOKなブログサービスは10社ほど。

     

    メジャーなFC2は重複コンテンツの問題があったり
    ライブドアブログはテンプレートの種類が少ない、、

     

    ブログ会社を変えてちがうIPのリンクがのどから手が出るほどほしかったんですが
    そんな理由で無料ブログを躊躇していました。

     

    競合調査でたまたま見つけたテンプレートで
    無料ブログ用のSEO対策したレスポンシブテンプレートを発見しました。

     

    無料ブログ用のSEOテンプレート少ないですし、

     

    何よりFC2でPC用のサイトをスマホできれいに見せられるところを知った時点で
    購入のクリックしました。

     

    そのとき私が購入したのは
    カエテンJOYという無料ブログ用のテンプレートです。

     

    その購買の流れもアダルト対応の無料ブログが少なく運用に困っていた
    ところにレスポンシブ対応したSEOテンプレートで

     

    問題点を解決できそうなので購入した。

     

    まさに困っているところに解決を示されて
    商品を購入するワナにはまってしまいました^^

     

    では、
    そこからあなたがご自身のサイトで実践するときに
    気をつけることは、、


    実際にサイトに記事を書くときに見落としがちなこと

    サイト 購入 心理学実際の見落としがちなこととは?
    サイト 購入 心理学 具体例
    仮想で購入者が困っていることを聞き出して解決する方法を教えることを再現するように
    記事を書くことがが大事です。

     

    そのとき見落としがちなのが
    キーワード選定で購入の見込み客を絞ることが大事です。

     

    そこからサイト訪問者が高確率で購入する悪魔的な心理学
    始まっていることを留意しないといけません。

     

    アフィリエイトサイトは商品を育てるというより

     

    見込み客を見つけて困っていることを
    解決する方法を提案するほうが成約は高いです。

     

    たとえると商品を作るメーカーではなくて電気製品販売店の立場で
    考えるとすっきりしやすいと思います。

     

    電気製品を探しにきたお客さんにアドバイスして
    販売する流れと似ていると思います。

     

    サイトに来た人を対象にするのではなくて

     

    検索する段階から見込み客を
    仮定して記事を考えることも大事です。

     


    でもそれって本当にできるのでしょうか?

    サイト 購入 心理学実践するときの疑問。
    サイト 購入 心理学 僕にもできるの??
    仮想で購入者が困っていることを聞き出して
    解決する方法を教えることを再現するように

     

    記事を書くことがが大事です。

     

    サイト 購入 心理学そういったことを前提に記事作成。

     

    これって誰でもできるのでしょうか。そんな疑問が出てきそうです。
    確かに雲をつかむ話に見えるところもあります。

     

    こたえは
    才能は要りません。努力の世界です。

     

    最初は具体的なノウハウを実践して報酬を得られましたが

     

    結果が出てさらに伸ばすとなると
    抽象的なことを具体的にする作業が必要になります。

     

    当然結果を出すために最高の教えを受けたりや教材を読んで
    実践できるように努力するわけですが

     

    当然差が出てきます。

     

    これって売れる売れないの結果は
    紙一重な感じですが

     

    壁を破るのはアフィリエイトで稼ぐという強い意志と
    そこから生まれてくる努力と工夫です。

     

    かといって努力は必要でもあんまり遠回りしたくはないもの。
    そこででてくるのは心理学やコピーライティングの教材です。

     


    最短距離で稼ぐ仕組みを学ぶには

    サイト 購入 心理学きっかけをつかむまで
    もがいているかもしれません。

     

    でも、壁を超えると
    みちが開けてきます。

     

    サイト 購入 心理学
    意識してインターネットで訪問者が購入する心理を学んで実践したいと思うなら
    教材で勉強して学ぶこともいいと思います。

     

    無料でも良質な記事や無料教材が多いですが
    時間の節約を取るか費用を抑えるかです。

     

    時間を節約するなら有料教材がおすすめです。

     

    費用を抑えるならいろんなサイトを訪問して
    無料教材を読んで考えることです。

     

    もしあなたがアフィリエイト教材を購入したことがないとか
    アフィリエイトの文章作成を学びたいと考えるなら

     

    新しいルレアがおすすめです。
    ブラッドライティング戦略の文章作成方法はマジわかりやすいです。

     

    コピーライティングの教材は
    ランディングページを書くことに

     

    重点を置いていますがブラッドライティング戦略は
    アフィリエイトサイトの文章作成について詳しく記載されています。

     

     

    アフィリエイト教材をお持ちで深く心理学を学ばれたい方は
    現代広告の心理技術101か扇動マーケティングがおすすめです。

     

    現代広告の心理技術101は書籍で学ぶ形です。
    扇動マーケティングはビデオセミナーです。

     

    内容的には同じようなことが学べるので電子書籍かセミナーか
    お好きな形態で学ぶといいと思います。

     

    個人的にはこちらの現代広告の心理技術101がわかりやすいと思います。

     

    また、こっちもアリだと思いましす。
    コンテンツマーケティング64の法則です。

     

     

    具体的に感情に訴えて揺さぶり
    サイト訪問者に決めてもらうように誘導するのが

     

    悪魔的な手法かもしれません。

     

    訪問者に響くサイト作成を目指すことで報酬は上がっていくものです。

     

    以上、川上でした^^

     

    サイト訪問者が高確率で購入する悪魔的な心理学 サイト訪問者が高確率で購入する悪魔的な心理学

    ページの先頭へ