便利なものはどんどん使おう

キーワード選定 見落としがちなのがキーワードの出現率を確認する
作業です。
キーワードスタッフィングはよくないですがある程度確認したほうがいい項目です。
キーワード選定 見落としがち目次

 

  1. 便利なものはどんどん使おう
  2. 確認するサイト
  3. 結局最終的にはバランスです。
  4. 検索される語句の割合は
  5. 検索する人がどんなことを考えるか

キーワード選定 見落としがち以下本文

 

川上です。

 

キーワード選定してからサイトの記事を書いたときそれで満足してはいけません。
キーワードの出現率を確認しましょう。

 

最低でも3%。
5%から7%までになるように調整していきます。

 

ヘッダーのMetakeywordsでも指定は大事ですが
文章の中にどのくらいターゲットキーワードが入っているかは
大事になってきます。

 

SEOチェキでも見れますが最近結構いろんなサイトでできます。

 

文章の内容と合わせて考えたいのがキーワードの出現率です。
こちらはサイトにアップしてから調整します。

 

インターネットのサービスなんでサイトで公開しないと
キーワードの出現率が確認できません。

 

こういったツールを使うことでターゲットキーワードの
上位表示の可能性をあげることが出来ます。

 

確認するサイト

キーワード選定 見落としがちなのが
キーワードの出現率を確認するサイトでチェックすることです。
キーワード選定 見落としがちなのがキーワードの出現率を確認

 

最近は文章の中でキーワードがどのくらいあるか検索エンジンは確認します。
そのキーワード出現する比率を見るのが下のサイトです。

 

URLに日本語が入っていても調べてくれます。

 

SEOチェキの場合は日本語の部分を変換しないといけなかったんですが
下のサイトはそのままいけちゃいます。

 

http://ohotuku.jp/keyword_ratio/

 

キーワード選定 見落としがちなのがキーワードの出現率を確認

 

最近、日本語を含むURLでサイトを作成する人は多いと思います。

 

キーワード出現率の確認も大事ですが
サクサク確認できることも必要です。

 

受験生が勉強の進捗を模擬試験で確認するのと同じように
今のサイトの状態を確認することです。

 


結局最終的にはバランスです。

キーワード選定 見落としがちなのが
次に気にするのがバランスです。
キーワード選定 見落としがち

 

大昔はキーワードがたくさんあると評価が高いときもありました。

 

キーワードスタッフィングといって
キーワードを詰め込み過ぎる手法もあったくらいです。

 

キーワード選定 見落としがち

 

例として書いてみましたが、我ながら見ずらい文章ですw
作ってみるとちょっと楽しかったですw

 

最終的には

 

サイト訪問者が見やすいコンテンツを提供するのと
キーワードが出てくる割合を高くすることを両立することです。

 

いろいろ気にすることが多いですけど
上位表示されて訪問者にコンテンツを読んでもらえるサイトを

 

作るのがアフィリエイトで稼げるようになるポイントだと思います。

 

キーワードの出現率客観的にはかるのは大事です。


検索される語句の割合は

キーワード選定 見落としがちなのは
検索される語句の割合について考えます。

 

だいたい検索するときって長めの文章か
1つの語句で検索するかのイメージかもしれません。

 

ある統計なんですが

 

単語が一つの場合30%
2つの単語で検索されるのが20%
3語の単語で検索される確率は15%

 

なんだそうです。

 

単語ひとつで集客するのは結構難しいものです。

 

複数単語で検索される数は少ないですが
目的意識があるのでキーワードによっては少ないアクセスでも成約がみこめます。

 

一番購入する確率が高いのは
商品名プラス関連語句です。成約率が高いので競争が激しいです。

 

関連する語句からストーリーを決めて
誘導することも考えないといけません。

 

キーワードをガチンコで設定して
競争が激しいところで勝負するのも大事なことなんですが

 

ちょっとずれたところで潜在的な需要を掘り起こすような感じで
商品を紹介する。。

 

そういったことも必要になってきます。

 

キーワード選定 見落としがちなところとしては

 

競争の激しいところや穴場的なところ
両方でサイトを展開する必要があるのですが

 

穴場的なキーワードを探す作業が意外と見逃しがちだったりします。

 


検索する人がどんなことを考えるか

キーワード選定 見落としがちなところでは
競争が少ないキーワードを探すときに

 

どんな疑問を抱えて調べごとするのか
ストーリーを考えてキーワードを作っていくことも大事です。

 

もちろん需要を調査したことが前提なんですが
意識しているいないにかかわらず抱えている困ったこと

 

それを解決するまでの道筋を考えて
そこからキーワードを考えてみることも大事だったりします。

 

ジャパネットで売り上げ伸ばしたのは
困っている場面を出して解決するストーリーを

 

毎回提供しているからです。

 

キーワード選定 見落としがちな点としては
ぎもんや困ったことを解決するまでの道筋を考えて

 

関連した言葉をさがすという作業も大事なことです。

 

需要のボリュームをhttp://aramakijake.jp/
やキーワードプランナーで調べることも大事なんです。

 

またももんがでライバルの強さを見てみることも大事です。

 

キーワード選定 見落としがちな点を克服して
最終的に成約を目指すなら

 

キーワードの問題解決するために何をするかというストーリーづくりと
キーワード出現する割合を意識して記事を作ることが大事です。


ページの先頭へ