ある意味コロンブスの卵

キーワードをてまなしでネットから見つける方法とは、、
もちろんキーワードプランナーも見ますが、
それと合わせてキーワード選択ツールを使うことです。
キーワードをてまなしで 見つける方法

 

キーワードをてまなしで 見つける方法

 

川上です。

 

今回はキーワードを選ぶ時に上位表示が簡単かある程度見てしまう
ツールを紹介します。

 

最終的にはキーワード選んでもサイトに訪問者が来たり
書いてある記事を読んで購入するとは限りません。

 

でもキーワードを設定してサイトの記事を書かないと
商品が売れて報酬が発生しません。

 

そのぐらい大事なのがキーワードの設定です。
本当はキーワードとアフィリエイト広告の選定が

 

大事です。切っても切れない関係ですが

 

このページでは
手間なしでキーワードを選定する方法を紹介します。

キーワード選定のプロセスはたくさんあります

キーワードをてまなしでネットから見つける方法
キーワード選定のプロセスはたくさんあります
商品選定が決まったら最初にすることは
キーワードプランナーでボリュームを見てみます。

 

関連する語句で成約しそうなものを抜き出します。

  • キーワードサジェストでキーワードに関連する成約しそうな語句を選びます。
  •  

  • LSIなど見てみてメインのキーワードと組み合わせする関連語を探します。
  •  

  • 競合数、競合サイト、そして売れ筋ランキングを確認します。

 

ざっとした流れはこんな感じです。

 

タ-ゲットにしたキーワードの関連語句をさがすところまでは
これは手間暇かけて探し出すことが大事です。

 

最後の競合鵜数や競合サイトを見てみて
上位表示の可能性を考えるところは

 

これも手間と時間がかかります。

 

この上位表示の可能性について判定するのが
キーワード選定支援ツールを使うことです。

 

最後の上位表示判定のプロセスは手間暇かかるので。
それが時短につながります。

 


キーワード選定で省略できること

キーワードをてまなしでネットから見つける方法
キーワード選定で省略できること
をえるとき手間なしにするのは
検索上位表示の可能性の判定だと思います。

 

実際の作業でどうしてもツールで調べられないのは

 

検索ボリュームだったり
知恵袋などで需要に関する悩み事の確認や関連語の想定です。

 

キーワードは1語をターゲットにするよりは
複数の語で構成されるキーワードのほうが

 

購入する人を探し出しやすいですし検索上位表示も簡単になります。
キーワードをてまなしで 見つける方法

 

このプロセスははツールではどうしようもありません。
あなたが一番脳みそをに汗をかく瞬間です。

 

あなたが覚えたノウハウや経験を駆使して判断します。
調べごとをするのにキーワードの悩みもある程度調査できるので

 

後でサイトの記事を書くときのネタも情報収集ができます。

 

キーワード選定補助ツールで判断するのは
検索上位表示の可能性の部分です。

 

この部分の時短でも
作業のスピードは短縮されます。


キーワードの選択はないがしろにしがちです

キーワードをてまなしでネットから見つける方法
キーワードの選択はないがしろにしがちです
キーワードをないがしろにしがちな原因を考えます。

 

主なところは商品の選定と売れるキーワードについてですが

 

ターゲットにするキーワードを設定しても
サイトをいざ作るときに設定が難しいという問題点があります。

 

このターゲットキーワードで文章を作成するのは
権威やシリウスでしっかりした内容の文章を書くことで

 

大体問題の解決ができるケースが多いです。

 

キーワードをてまなしで 見つける方法

 

キーワード選定をおろそかにしがちなのは

 

商品選定と合わせて考えることが多いので
需要の確認でいろんなサイトを見る必要があることです。

 

キーワード選定で一番時間と手間がかかるのが
この調査の部分です。

 

検索数、関連語、競合の強さ、広告の出稿数
競合サイト数、トレンドなどを考慮して

 

売れそうなキーワードや
上位表示可能なキーワードや商品を選定します。

 

複数サイトを見るので当然時間がかかります。
一つのキーワードで大体5サイト以上は確認します。

 

この作業をおろそかにするといつまでたっても
稼ぐことはできません。


キーワードを当てるのは石油を掘るのと似ています。

キーワードをてまなしでネットから見つける方法
キーワードを当てるのは石油を掘るのと似ています。
キーワード選定はは
石油の採掘と似ている面があります。

 

石油の油田は探索してある程度の場所を推測することができますが

 

実際に採掘してみないと
出てくるかどうかわからないといわれています。

 

キーワードの選定も似たような感じで

 

選定ツールである程度しぼりこんでも実際にサイトを作ってみないと
売れるかどうかわかりません。

 

そんなところは石油の採掘と似ています。

 

ちょっと違うのは

 

石油採掘の場合は、ダメなときはいくら掘っても石油が出てきませんが
キーワードの場合、サイトの書き方で売れ方が変わってきます。

 

だから売れるキーワードを教えてもらっても
売れないことは起こりえます。

 

だからと言ってないがしろにできません。

 

成約できるキーワードが見つけられないと
アフィリエイトの報酬に結び付かないからです。


キーワード選択ツールとは

キーワードをてまなしでネットから見つける方法
キーワードをてまなしで 見つける方法

 

キーワード選定支援ツールは入力したキーワードに対して
瞬時に上位表示可能性を教えてくれます。

 

 

知恵袋サイトやトレンド
販売数のランキング、複数の検索エンジンなど一気に

 

トータル的に調べるので時間の短縮になります。

 

この部分はツールを使って時短が可能なプロセスです。
あわせて上位表示の可能性を見ることもできます。

 

作業の目的が明確なので
無駄なネットサーフィンの防止にもなります。

 

キーワード選定支援ツールは

 

物販アフィリとトレンドアフィリでは
キーワード選択のノウハウが若干違います。

 

なのでちょっとソフトの設定を変えて使うのが
キーワード判定や処理時間の短縮に直結します。


キーワードを見つけても制約しない理由

キーワードをてまなしでネットから見つける方法
キーワードをてまなしで 見つける方法
キーワード選定でキーワードを見つけても
成約しないときはあります。

 

主な原因は2つ。

 

  • 属性とキーワードがあっていない
  • キーワードに対する回答ができていない

 

でも実際にはどちらなのかわかりません。

 

そんな時は記事を訂正してみるといいと思います。
そのとき大事なのは前の記事はバックアップとっておくことです。

 

新しく作った記事が失敗だった時に
スグに原状復帰するためです。

 

記事を訂正して様子を見る期間は1週間あれば大丈夫です。

 

ABテストではないですが成約率は追っかけていきたいところです。

 

また検索エンジン対策でSEOチェキでターゲットキーワードの出現率が
5%行くようにページ本文の最適化をすようにお勧めしています。


まとめ

キーワードをてまなしでネットから見つける方法
キーワードをてまなしで 見つける方法
アフィリエイトでもなんでもそうですが

 

効率化できるところはツールを使って時短を目指すことが大事です。
仕事帰りや育児の合間でも時間は有限です。

 

キーワードをてまなしでネットから見つける方法を体得して
少しでも多くのサイトの記事を書いてキャッシュポイントを増やしましょう。

 

サイトの記事でキーワードを指定するのは大変ですが
手間暇かけてちゃんと検索エンジンにアピールしましょう。

 

ランキングサイトを見たり
検索エンジンのボリュームを調べたり、競合サイトを確認したりと
手作業も必須ですが

 

検索上位表示の可能性の判定はツールを使うのがいいと思います。

 

キーワードの選択をキャッシュポイントのページでも
キャッシュポイントへの誘導記事でも

 

ちゃんとターゲットを決めて困った人に対する
情報提供をやって成約に結び付けましょう。

 

おすすめのキーワード判定ツールはももんがです。
レビューはこちら

 

以上、川上でした^^

 

キーワードをてまなしで 見つける方法 キーワードをてまなしで 見つける方法

ページの先頭へ