難しいポイントはデザインです。

レスポンシブデザインに対応するには
その対応方法と運営の注意点を紹介します。
難しいのはデザインだと思います。
レスポンシブデザインに対応する

 

レスポンシブデザインに対応する

 

川上です。

 

今ではモバイルやタブレットの閲覧数が多いと思います。
導入はレスポンシブデザインに対応したテンプレートを入れるだけです。

 

特にSiriusシリウスと賢威に関しては選択だけなんで簡単です。

 

レスポンシブデザインは
ファイル操作が軽いことと無料のレンタルサーバーで使えるのがメリットです。
レスポンシブデザインに対応する
難しいのがサイドのカラムとかに貼るバナーのデザインと
本文中に動画をはることだと思います。

 

大きいサイズと小さいサイズのバランスをとりながらサイト作成することですね。

 

特に気を使うのがバナーのデザインじゃないかと思います。

導入について

レスポンシブデザインに対応する
レスポンシブデザインに対応する
実はこのサイトはシリウスで作成していますが
スマホやタブレットも見え方が最適化されています。

 

シリウスでスマホ表示にするには上位版のi-phone表示機能を使うか
サポートフォーラムで配布しているレスポンシブデザインのテンプレートを利用すれば

 

簡単にできてしまいます。

 

今はLureaの会員向けで限定販売されたテンプレートを使っているますが
サードパーティーでもワードプレスのテンプレートのおまけでついていたりします。

 

賢威も機能が限定されますがシリウスに移植して使うことができます。

 

モバイルの閲覧はパソコンよりおおいので
見やすさなどこだわるところは多いですね。

 

レスポンシブデザインに対応する
スマホやタブレットの普及でパソコンでインターネットする人が減っています。

 

今後のサイトやブログ運営でスマホの対策は必須です。
テンプレートの設定は大事になってきます

 

今はインターネットの閲覧ははパソコン主体ですが
だんだんパソコンの使用率は減ってくると思います。

 

情報収集はパソコンでガッツリ
ニュースなど流し読みはスマホみたいな感じかも知れません。

 

 


見やすさをどうするか

レスポンシブデザインに対応する
レスポンシブデザインに対応する
イチばんレスポンシブデザインで問題になってくるのが
バナーのデザインじゃないかと思います。

 

画像も文字もシンプルにしたほうが
大きい表示でも小さい表示でもきれいに見えてきます。

 

このバランスはバナーをサイトの貼ってみて
実際に大きいときと小さいときの表示を確認したほうがいいです。

 

また訪問者の属性でパソコンが多いかスマホが多いか
見てみるのも大事なことです。

 

閲覧者の見る端末によって重点を置くデザインの方向性も変わってきます。

 

動画のインフレームの大小はCSSとHTMLでラップをすることで
大きいときと小さいときの表示がきれいに決まります。

 

まとめとしてはレスポンシブのデザインは導入は簡単だけど
デザインのバランスを考えると難しいと思います。

 

実際に表示してどんな感じか確認しながら
サイトデザインの作業を実施しましょう。

 

以上、川上でした^^

 

レスポンシブデザインに対応する レスポンシブデザインに対応する

ページの先頭へ